今高研究室xR

獨協医科大学医学部小児科学

ブログ
2022.05.20

世界中で繰り広げられている武力衝突に関する声明文

研究室ホームページ構築&運用サービス

 私達の研究室では、医学分野の診療・研究・教育を通じて、国際的な社会問題に広く取り組むとともに、未来の子ども達に貢献する活動を目指しています。私達は今世界で起きている武力的行為に対して、日々強く心を痛めており、将来への深刻な懸念を感じています。武力による破壊行為ならびに暴力行為により、また二次的に起こる衛生環境の悪化から医療行為や医薬品が途絶えてしまうことは,全ての患者さんの命に直結します。また引き続く産業の停滞は、地球規模での経済弱者の生活基盤を脅かします。

 私達はこのような非人道的な状況は受け入れません。

 私達はアカデミアの社会的責任として、この武力衝突に関与する世界中の医療従事者と共に、この残虐な行いを一日でも早期に終わらせるためのあらゆる取り組みと手段を強く支持します。


                                                                                                          2022年5月20日 ラボ代表 今高城治



Statement on the armed conflicts unfolding around the world


Our laboratory aims to address a wide range of international social issues through medical practice, research, and education in the field of medicine, as well as to contribute to the children of the future.

 We are deeply disturbed by the armed acts occurring in the world today, and we are seriously concerned about the future. The loss of medical care and medicines due to armed destruction and violence, as well as the secondary deterioration of sanitation, directly affects the lives of all patients. Continued industrial stagnation threatens the livelihoods of the economically vulnerable on a global scale.

 We do not accept this inhumane situation.

 As a social responsibility of academia, we strongly support all efforts and measures to end this atrocity as soon as possible, together with the medical professionals around the world involved in this armed conflict.


20/May/2022

George IMATAKA MD, PhD, B.Phil, LLB, MBA

研究室ホームページ構築&運用サービス
今高研究室xR
獨協医科大学医学部小児科学
今高研究室は「医療を必要とする子どもの最善の利益」を実現する持続可能な社会(Sustainable Developmental Goals; SDGs)の構築を目指し、小児神経学と医療倫理哲学をベースとした療育の有り方について研究をしています。
ホームページ 記事一覧




研究室ホームページ構築&運用サービス

PAGE TOP